DHA EPA 摂取量

DHA EPAの1日の摂取量はどの程度?

「DHA・EPA」の成分で頭スッキリの状況を作り出すことは可能と言われていますが、毎日魚を摂るのは難しい場合が多いのではないでしょうか?

 

厚生労働省が発表してるDHAの1日の必要量は、1g以上と言われてます。

 

 3 脂質 - 厚生労働省 

 

ちなみに多い分には問題ないとされてます。

 

 

 

 

DHA・EPAを1g摂取するには、クロマグロの刺身(赤身)でどれぐらいの量を食べなければいけないのか計算してみると、約9人前以上を毎日食べ続けなければなりません。これはなかなか無理な話ですね。

 

 

言うまでもなく、日本人のDHA・EPA摂取量の統計は、比較的魚を食べる50代以上でもかなり少なく、魚離れしてる若者だと全然足りてないってことになりますね。

 

DHA EPAの1日の摂取量はどの程度?

 

 

 

 

 

まとめ

DHA,EPA,摂取量,適量,1日

魚を食べることが少なくなっている日本人…厚生労働省が発表しているDHAの1日の必要量1g以上を満たしている方も減っているということになりますね。

 

クロマグロの赤身でいうと約9人前なんて食事で取るのは難しいですよね。
でも、魚を取ることで記憶・学習機能の低下を予防できる、脳・神経細胞の発達(特に胎児・乳幼児)などの効果を期待したいという方も多いと思います。

 

そんな方におススメなのはサプリメントで、DHA・EPAを摂取する方法です!
しかし、サプリメントもいろいろありますよね…。

 

出来ることなら、安心安全で、より効果の高いサプリメントを選びたい!という方におススメなのは「きなり」です!

DHA,EPA,摂取量,適量,1日

一般的にサプリメントに使われているDHA・EPAは水になじみにくく、体への吸収効率と吸収率が悪いと言われていますが、この「きなり」に使われているDHA・EPAはクリルオイルというオキアミから取られていて体へシンプルかつスピーディーに吸収されます。

 

また、DHA・EPAサプリメント独特の魚臭さをブロックする特殊製法で飲みやすくなっています。
そんな「きなり」で普段の食生活で不足しがちなDHA・EPAを取りませんか?