さらさらナットウキナーゼ血圧下がる

血液さらさらナットウキナーゼで血圧下がる。その効能は?

日本の伝統食品である「納豆」。納豆に含まれる納豆菌の様々な健康効果に注目し、その有効成分については、たくさんの研究が行なわれています。

 

この納豆のネバネバ成分の酵素の一つであるナットウキナーゼは、血栓の元となるたんぱく質を分解する効果がある酵素で、食べることによって摂取できる血液サラサラ成分として今注目の成分です。

 

血液さらさらナットウキナーゼで血圧下がる。その効能は?

 

 

ナットウキナーゼとは

 

ナットウキナーゼは、納豆特有のネバネバを作り出している成分に含まれており、その特徴は人間の体内で血管や組織が破損した際に、止血するために作られる血栓の融解作用です。

 

血栓は、止血の役割が終わるとプラスミンという酵素によって分解されます。
しかし、血栓の分解がうまくいかず、血管内に残ってしまうと脳梗塞や心筋梗塞,エコノミー症候群といった血管が詰まる重大な病気を引き起こす可能性があります。

 

ナットウキナーゼには、これらの血液中の血栓を融解する働きと、腸内の血栓融解酵素を刺激し、血栓融解を促進させる働き、など様々な角度から融解し血液をサラサラにする働きがあります。
このナットウキナーゼが血栓を融解する効果は、血栓融解のために点滴で用いられるウロキナーゼという薬剤よりも強力だと言われています。

 

 

ビタミンK2除去の効果

 

食品の納豆には、血液凝固を促進するビタミンK2も含まれており、血栓融解成分であるナットウキナーゼとは反対の働きをします。
そのため、ビタミンK2を除去したナットウキナーゼならば、血栓融解成分としてはさらに強力になります。

 

これまでは、ワルファリン(薬剤名ワーファリン)を服用している血栓症患者の方は、折角の血液サラサラ成分を持つ納豆を、ビタミンK2が含まれるが故にワルファリンの効果を減弱させてしまう「ビタミンK2の拮抗作用」を理由に、医師に制限されていました。

 

しかし、ビタミンK2が除去された状態のナットウキナーゼなら、血栓症患者であっても安心して摂取することが可能になり、血液サラサラ効果を期待することができます。

 

 

多様な効果のあるナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果以外にも多様な効能が臨床研究されています。
血液さらさらナットウキナーゼで血圧下がる。その効能は?

 

 

夕食後や就寝前の摂取が効果的

 

血栓は、深夜から早朝にかけてできやすいという傾向を持つため、ナットウキナーゼは夕食後や就寝間に摂取するのが効果的です。
40代以上、ストレスの多い方、血圧が高めの方、血液粘性の高くなる高脂血症や糖尿病の方は、継続的に摂取するようにしましょう。