リコピン効果効能副作用

トマト成分で有名なリコピンとは?効果効能副作用について

リコピンは、アスタキサンチンと同じく、天然色素であるカロテノイドの一種です。しかし、近年カロテノイドの強い抗酸化力に注目が集まっています。とりわけトマトに多く含まれるリコピンはビタミンEの100倍もの抗酸化力を持ち美容やダイエット、悪玉と言われるLDLコレステロールの酸化を抑えるなど健康維持に効果があると人気が高まっています。

 

トマト成分で有名なリコピンとは?効果効能副作用について

 

 

 

リコピンとは

 

リコピンとは、天然色素のカロテノイドの一種で、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに多く含まれます。
このカロテノイドは近年、活性酸素を消去する強力な抗酸化力を持つことで注目されており、リコピン以外にもβカロテンやルテインなどがあります。

 

リコピンの強力な抗酸化力は様々な効果があり、血糖値の低減、動脈硬化予防、ガンの予防、喘息改善、美白、ダイエット効果などがあると言われており、その中でも特に肺がんや前立腺がん、乳がんの増殖を抑制する働きやLDLコレステロールの酸化防止効果も研究で確認されています。

 

 

活性酸素とは

 

人間の身体は、生命維持のためのエネルギーを作り出すために酸素を消費します。
使われた酸素の一部は、代謝の過程で活性酸素に変換され、この活性酸素が体の中で、様々な物質と化学反応を起こして細胞を酸化させ損傷を与えます。

 

糖や脂肪をエネルギーに変換する時、外部から入り込んだウイルスや細菌を排除する時に活性酸素が生成され、また、紫外線、排気ガス、食品添加物などの化学物質やストレスなども活性酸素を増やす要因になると言われています。

 

トマト成分で有名なリコピンとは?効果効能副作用について

 

これが、がんや生活習慣病、老化や認知症など、あらゆる病気の発生の原因になっていることが最近の研究によってわかってきています。

 

また、歳をとると活性酸素を体内で分解し無害化する抗酸化酵素が減っていき分解しきれなくなることで病気になりやすくなるため、活性酸素を除去することがいつまでも若々しく健康でいるためのポイントになるのです。
リコピンは脂溶性のため、細胞膜に多く存在して、活性酸素の攻撃から細胞を守る働きをしてくれます。

 

 

リコピンの健康効果

 

リコピンの持つ抗酸化作用によって悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑えることがわかっています。血液中のコレステロールが参加すると血流障害となる血栓が作られやすくなり、血流が悪くなり、様々な病気や体温低下による免疫力低下などを起こしやすくなります。

 

リコピンが活性酸素を除去するためこの酸化を抑えられ、血流改善効果があると考えられています。
血流が改善されることで代謝が活発になり、脂肪が付きにくい体になり肥満予防にも効果があります。
また、この抗酸化効果は、体内の過剰な活性酸素が起因となる動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防や改善にも効果があると言われています。

 

さらに、リコピンの抗酸化力は、美肌への効果でも注目されています。
肌に紫外線が当たると活性酸素が発生して、シミやシワ、たるみといったお肌のトラブルを発生させます。
リコピンの抗酸化力は、活性酸素からお肌を守る美肌効果や、シミの元のメラニン生成の原因となるチロシナーゼの働きを阻害して美白効果に期待できます。

 

 

リコピンの健康効果

 

トマト成分で有名なリコピンとは?効果効能副作用について

 

 

効果的な摂取方法

 

リコピンを最も多く含む食品はトマトです。
リコピンを効果的に摂取するには、1日15mg程度、大きめトマト約2個分、トマトジュースなら1缶(約150m?)程度の量が必要です。ダイエット効果を目指すなら、1日にトマトジュースで600mlです。また、リコピンは熱に強く、生のトマトよりも加熱加工した方が効果があるとも言われています。

 

現実的に毎日食材として食べ続ける量としてはかなり大変な量になりますので、サプリメントなどの併用がお勧めです。